イボ・ホクロ

Seborrheic-Keratosis

傷跡を残さず簡単に除去

美容皮膚科で叶える
切らないイボ・ホクロ治療

イボ・ホクロ イボ・ホクロ

イボ・ホクロでお悩みの方

イボやホクロができる
原因と特徴について

イボやホクロはまだ明らかにされていないことも多い色素細胞異常や皮膚疾患のことです。 それぞれ症状や原因は大きく異なりますので、症状の特徴をチェックしてみてください。

ホクロ

ホクロができる主な原因とは、先天性なものと後天性なものがあります。

先天性のホクロ

主に遺伝的な要因が強く、両親のいずれかがホクロが多いと、ホクロができやすい体質が子供にも遺伝します。

後天性のホクロ

紫外線や外部刺激によるもので、シミやそばかすと同じように、メラニンの過剰増殖が起きることでホクロができます。また、紫外線だけでなくさまざまな肌への刺激もホクロができる要因となりますので日頃から注意が必要です。

イボ

イボができる主な原因とは「感染性」「伝染性」「老化性」のものがあります。イボは良性のものがほとんどですが、悪性のものあるため、発見次第できるだけ早期に治療するのがおすすめです。 ※当院では、良性イボのみ治療を行っておりますので、診察結果によっては施術をお受けすることができない場合があります。

感染型のイボ

ヒト乳頭腫ウイルスの感染が原因で起きるイボで、感染する可能性が高く、傷口などからウイルスが侵入して表皮細胞などに感染します。

伝染型のイボ

伝染性軟属腫ウィルスが原因で起きる「水イボ」のことで、プールや水場などから感染します。子どもやアトピー性皮膚炎・乾燥肌などが感染しやすいので注意しましょう。

老化型のイボ

「脂漏性角化症」という顔や首にできる老化が原因で発生するイボです。表皮の角化細胞が増殖する良性腫瘍で、悪性化の恐れはほとんどなく、皮脂腺の多い脂漏部位に多く発生します。

イボ・ホクロの治療法

イボ・ホクロの治療法について

オザキクリニックでは、医療機器によるイボ・ホクロ治療をおすすめしています。痛みや傷跡が少なくなるよう配慮し、イボ・ホクロ治療を行っております。

イボ・ホクロの治療法

気になるホクロやイボは、シューティングレーザーで早期治療しましょう!ホクロやイボ、深いシミなどスポットで悩ます顔の斑点に、高いエネルギーを集中的に照射することで、ピンポイントでお悩みを解消します。若干の痛みと照射部分だけダウンタイムが少し伴いますが、ダメージを最小限に抑えた治療が可能なので、忙しい方にもおすすめの治療法です。

水に作用する蒸散レーザー『CO2レーザー』

赤外線領域の光を発し、水に作用するレーザーです。細胞内の水分と反応させることで、ターゲットとなる治療部位を蒸散させ、イボ・ホクロを除去します。メスを使った治療に比べ、ほぼ出血なく安全に治療ができます。ピンポイントで照射するので、周囲の肌を傷めずに治療が行えるのも特長です。局部麻酔を使用するので痛みの心配はいりません。

CO2レーザー照射イメージ
色素のみに反応する光レーザー『QスイッチYAGレーザー』

特定の色素に反応するレーザーで、ピンポイントで色素を破壊し、ホクロやあざ、シミを除去します。 異常な色素部分にのみ反応するため、周りの正常な皮膚を傷つけずに、安全に治療ができます。当院では適切なエネルギーをポイント照射することで、ターゲットだけをピンポイントに除去します。

QスイッチYAGレーザー照射イメージ
QスイッチYAGレーザーQスイッチYAGレーザー

イボ・ホクロの改善ならお任せください

小﨑

小﨑理事長

あらゆる肌トラブルを解決するために、多様な医療機器を導入し、長年にわたりお客さまの美容をサポートしつづけます。

長谷川

長谷川医師

形成外科医としての経験を活かし、また美容外科や美容皮膚科分野と合わせた美容観点を大切にしながら、皆さまのあらゆるお悩みの総合的なフォローを目指しています。

下坂

下坂医師

皮膚科医としての経験と実績を元に、美容外科における分野も幅広く対応しています。 お客さまに喜んでいただけるよう、お悩みを一緒に解消いたします。