目の下のクマ治療

Dark-Circles

タイプ別に目の下のクマを解消

目の下のクマ治療。その原因と症状、
あなたにあったベストな治療法をご提案。

目の下のクマ治療 目の下のクマ治療

目の下クマでお悩みの方

その目の下クマ、
疲労や寝不足が原因ではないかも…?

目の下のクマイメージ
顔全体の印象を左右する、目の下のクマ。目の下にクマがあると疲れはてた表情になるだけではなく、年齢よりも老けてみられてしまう事も。クマにはいくつか症状があり、その症状によって適切な治療法を選択することが大切です。オザキクリニックでは、あなたの症状にあったベストな治療法をご提案いたします。

目の下のクマの
種類や治療法について

目の下のクマを消したいなら、
「クマタイプ」を知ること

「目の下のクマ」といっても、一人ひとりその原因や症状は異なります。当院はこれまでの実績から、大きく3つのタイプに分けて症状を見極めています。
たるみクマ(黒クマ)

目の下にふっくらと膨らみがあるタイプです。 膨らみによる凹凸があることで目の下に影ができ、黒っぽいクマができます。目周りや頬の内部構造が、加齢などによって崩れることで起こります。

たるみクマイメージ
茶クマ

皮膚が茶色っぽい、または小ジワが多いタイプです。 主な原因は、日焼けや加齢によるシミ・色素沈着の増加が考えられます。また小ジワが多いことで、細かい影ができてクマになることもあります。

茶クマイメージ

青クマ

目の下の皮膚が青っぽい色をしていたり、赤紫色に見えるタイプです。皮膚の下にある血管や眼輪筋などの組織が薄く透けて見えている状態で、皮膚のハリが衰えることで起こります。

青クマイメージ

タイプ別「目の下のクマ」の治療法

目の下のクマは、タイプが異なれば、その治療法も異なります。当院では、あらゆる目の下のクマに対応できる幅広いメニューを取り揃え、一人ひとりのタイプに合わせた効果的な治療法を提案しています。

たるみクマの治療

たるみクマは、複数のたるみ症状が絡み合い、目の下に凹凸ができることで生じます。たるみクマは一度できると改善が難しく、また凹凸があるのでメイクで隠すのも難しい症状です。 たるみの進行レベルによって最適な治療法は異なりますが、たるみの原因を根本から取り除くことで改善でき、効果&持続性の高い効果を得ることができます。

たるみレベル1

加齢などによって眼球を支える靭帯が弱くなると、眼球が下がってきます。すると、眼球の周りにある眼窩脂肪が押し出され、手前に飛び出してきます。また同時に、頬の脂肪は下垂してボリュームを失います。この2つの加齢症状が同時に起こることで、目の下と頬との境界に凹凸(溝)ができ、凹凸によってできる陰影がクマとなりますので、「溝」の部分のボリュームを補う治療が効果的です。

加齢などによって眼球を支える靭帯が弱くなると、眼球が下がってきます。すると、眼球の周りにある眼窩脂肪が押し出され、手前に飛び出してきます。また同時に、頬の脂肪は下垂してボリュームを失います。この2つの加齢症状が同時に起こることで、目の下と頬との境界に凹凸(溝)ができ、凹凸によってできる陰影がクマとなりますので、「溝」の部分のボリュームを補う治療が効果的です。

ヒアルロン酸注射

目の下と頬との境界に「溝」によってできる陰影部分にヒアルロン酸を注入することで、目の下をフラットにし、目の下のクマを解消する治療法です。

注射のみの施術のため、処置時間は15分~30分程度、痛みもチクッとした軽い痛みのみ。術後の腫れや内出血によるダウンタイムなどもほぼなく、施術直後からメイクも可能なため、治療後からすぐに日常生活を送れます。効果持続期間は半年~1年程度のため、効果を継続させるためには定期的に施術をうけられることをおすすめしております。

大がかりな手術は怖い、ダウンタイムが取れないなどで治療をためらってしまっている方に、まずおすすめしたいお手軽な施術です。

朽木医師:治療イメージ
肌再生高純度脂肪注入

太ももや腹部から採取した自身の脂肪細胞によって目の下のクマを解消する治療法です。自己細胞を利用した治療なので、アレルギーなどのリスクが低く、より安全性の高い治療法です。

ご自身の脂肪を採取し注入するため、脂肪の吸引部位と注入部位、それぞれに腫れや内出血が出る期間があります。期間は個人差がありますが、吸引部位は2週間~1ヶ月程度、注入部位は1週間~2週間程度です。吸引部位のダウンタイムは比較的長めですが、日常生活に支障が出るような規模には至りませんのでご安心ください。また縫合には溶ける糸を使用するため抜糸も必要ありません。施術時間は30分~1時間半程度、施術直後からメイクも可能です。

ヒアルロン酸を注入した場合、ヒアルロン酸は徐々に体内へ吸収されて最終的になくなりますが、肌再生高純度脂肪注入の場合はご自身の脂肪を注入するため、50~60%程度その場に「生着」します。

定期的にクリニックに通うことが難しい、高い持続性を求めている方におすすめの施術です。

肌再生高純度脂肪注イメージ

たるみレベル2

症状が進行すると、飛び出す眼窩脂肪の量が増えて、凹凸がより深くなってきます。目の下の膨らみが分かるようになり、さらに頬のボリュームもどんどん減少していくので、目の下だけでなく、ゴルゴラインも目立つようになります。目の下の膨らみの原因である突出した眼窩脂肪は除去し、ボリュームが減少してくぼんでいる部分にはボリュームを補う治療が必要となります。

症状が進行すると、飛び出す眼窩脂肪の量が増えて、凹凸がより深くなってきます。目の下の膨らみが分かるようになり、さらに頬のボリュームもどんどん減少していくので、目の下だけでなく、ゴルゴラインも目立つようになります。目の下の膨らみの原因である突出した眼窩脂肪は除去し、ボリュームが減少してくぼんでいる部分にはボリュームを補う治療が必要となります。

3Dリポアイリフト

突出した眼窩脂肪を取り除く「目の下の脱脂」とくぼんだ目の下にボリュームを補い整える「脂肪注入」をセットにした複合治療です。「ふくらみ」と「くぼみ」同時にアプローチし目の下クマを解消する治療法です。

目の下のふくらみの原因である脂肪を取り除くだけでは、かえって目の下がくぼんでしまい、クマが目立ってしまう恐れがあります。不自然にふくらんでしまった脂肪を取り除き、かつへこんだ部分にボリュームが出るよう脂肪を注入することでクマを目立たなくします。

ご自身の脂肪を採取し注入するため、脂肪の吸引部位と注入部位、それぞれに腫れや内出血が出る期間があります。期間は個人差がありますが、吸引部位は2週間~1ヶ月程度、注入部位は1週間~2週間程度です。吸引部位のダウンタイムは比較的長めですが、日常生活に支障が出るような規模には至りませんのでご安心ください。また縫合には溶ける糸を使用するため抜糸も必要ありません。施術時間は1時間半~2時間程度です。メイクはアイメイク以外でしたら術後2日後から、アイメイクは術後4日後から可能です。

中医師:施術イメージ

たるみレベル3

さらにたるみ症状が進行すると、眼窩脂肪を支えている眼輪筋がゆるみ、皮膚を押し出すように脂肪が飛び出してきます。この時、眼輪筋とともに皮膚も伸びて、たるんでいる状態です。そのため、脂肪、眼輪筋、皮膚の3つにアプローチする治療が必要となります。

さらにたるみ症状が進行すると、眼窩脂肪を支えている眼輪筋がゆるみ、皮膚を押し出すように脂肪が飛び出してきます。この時、眼輪筋とともに皮膚も伸びて、たるんでいる状態です。そのため、脂肪、眼輪筋、皮膚の3つにアプローチする治療が必要となります。

3Dパーフェクトアイリフト

「眼窩脂肪の突出」「眼輪筋のゆるみ」「皮下脂肪の減少」の3つの原因に直接アプローチし、目の下クマを解消する治療法です。

ふくらんでしまった眼窩脂肪を取り除き、ゆるんで伸びてしまった眼輪筋のゆるみを引き締めます。さらにご自身から採取した脂肪細胞をくぼみに注入し、立体的なフェイスラインをつくります。

3Dパーフェクトアイリフトは目の下を切開する施術ですが、傷跡が目立たないように丁寧に縫合。また脂肪細胞の注入には細い針を注入するため、肌表面へのダメージを最小限におさえます。

ご自身の脂肪を採取し注入するため、脂肪の吸引部位と注入部位、それぞれに腫れや内出血が出る期間があります。期間は個人差がありますが、吸引部位は2週間~1ヶ月程度、注入部位は1週間~2週間程度です。吸引部位のダウンタイムは比較的長めですが、日常生活に支障が出るような規模には至りませんのでご安心ください。施術時間は2時間半~3時間程度です。メイクはアイメイク以外でしたら術後2日後から、アイメイクは顔の抜糸が完了した翌日(術後8日目)から可能です。

3Dパーフェクトアイリフト施術イメージ

茶クマの治療

皮膚を引っ張っても目の下が暗く見えたり、茶色のまま変わらなければ「シミ」によるクマです。もしクマが薄くなれば、「シワ」が原因のクマとなります。

茶クマは、シミが原因なものと、シワが原因なものの2種類があります。皮膚を引っ張っても目の下が暗く見えたり、茶色のまま変わらなければ「シミ」によるクマです。もしクマが薄くなれば、「シワ」が原因のクマとなります。

シミ・色素沈着によるクマ

目の下全体に色素が沈着して、茶色くくすんで見える状態です。目のこすり過ぎや紫外線の影響で発生することもありますが、多くは、肝斑やADM(後天性真皮メラノサイトーシス)が原因です。 肝斑とADMはどちらもシミの一種ですが、目の下に左右対称で多発する傾向にあるため、目の下のクマのように見えます。

目の下全体に色素が沈着して、茶色くくすんで見える状態です。目のこすり過ぎや紫外線の影響で発生することもありますが、多くは、肝斑やADM(後天性真皮メラノサイトーシス)が原因です。 肝斑とADMはどちらもシミの一種ですが、目の下に左右対称で多発する傾向にあるため、目の下のクマのように見えます。

レーザートーニング

レーザーの熱刺激により肌にハリをもたらし、トップハット型のレーザー光でシミ、肝斑、色素沈着を悪化させることなく改善し、肌のキメを整えハリをだす治療法です。

目の下のクマの原因が、シミや色素沈着、肝斑である場合、レーザートーニングをおすすめしています。レーザートーニングはシミ・肝斑治療に特化した治療法で、レーザーを照射するだけで治療が完了するため、痛みやダウンタイムもほぼなくお受けいただけます。

施術時間は30~40分程度、痛みはほぼありませんが、ゴムではじかれたような痛みを感じる場合もあります。腫れや内出血が生じるダウンタイム期間もほぼなく、メイクも施術直後から可能です。

img2-dark-circles-10.jpg
QスイッチYAGレーザー

強いエネルギー照射によって目の下のADMやシミを除去する治療法です。

QスイッチYAGレーザーは、シミ・色素沈着をピンポイントで除去することが可能です。メラニン色素にのみ反応するレーザーのため、健康的な肌を傷つけずに治療ができます。照射をした後は保護シールと感染症予防の薬を塗って施術は完了しますが、施術後は照射箇所がかさぶたになり、1~2週間程度で自然にはがれ、新しい肌があらわれます。はじめは治癒過程のためピンクの肌色となりますが、数ヶ月かけて周りの肌となじんでいきます。 肌状態がなじむまで、照射部位はとても敏感な状態となっていますので、紫外線対策は必ず行うようにしてください。

施術時間は20分~30分程度で、ゴムで強く弾かれたような痛みを感じることがあります。麻酔は必要ありませんが、痛みが心配な方はお付けすることも可能です。

img2-dark-circles-11.jpg

シワによるクマの治療

シワによるクマの治療イメージ

このタイプは、肌のハリを取り戻してシワを改善することが必要です。皮膚そのものを若返らせることができる「真皮線維芽細胞療法」なら、シワを根本から改善させることが可能です。ノーダウンタイムを希望される方は、肌の引き締め&若返りを実現する『筋膜アイズリフト』がおすすめです。

真皮線維芽細胞療法

真皮線維芽細胞療法は、シワによって気になるクマの部分に自身の肌細胞を培養し移植することで、肌そのものが若返り、クマの症状を改善することができる再生医療による治療法です。

ご自身の耳裏から米粒大の皮膚を採取し、細胞培養の専門施設で肌細胞(真皮線維芽細胞)を増殖させ、目の下のシワになっている部分へ移植します。そうすることで、培養した元気な肌細胞が活発に働き、シワを目立たなくしてくれます。

真皮線維芽細胞療法の大きな魅力は、シワやたるみなどの症状改善だけでなく、肌細胞を注入することにより肌本来の活動そのものをよみがえらせることにあります。移植した肌細胞(真皮線維芽細胞)が定着した後も自身の肌細胞(真皮線維芽細胞)として活動を続けるため、しわやたるみなど、いわゆる老化の進行を遅らせることができます。オザキクリニックでは、肌メンテナンスとして1~2年に一度、元気な肌細胞の補充を推奨しています。

施術時間は30~60分程度、皮膚採取には麻酔を使用するため痛みはほぼなく、細胞の移植時には針を刺すチクッとした痛みがあります。腫れは1、2日程度、内出血は3~5日程度症状としてあらわれますがメイクで隠せる程度です。また、メイクは施術当日から可能です。

真皮線維芽細胞療法イメージ
筋膜アイズリフト

加齢などでゆるんだ筋膜や脂肪層に高い熱エネルギーを届け、コラーゲン産生を促し、老化した組織を再構築してくれるレーザー治療です。目の下の皮膚が引き締まり、ハリ・弾力をもたらし、症状を解消する治療法です。

筋膜アイズリフトは、美容の分野では世界で初めて粘膜照射を可能にした目元専用レーザーで、肌表面からではアプローチできなかった組織にレーザーを届けることが可能になりました。下まぶたの裏側の粘膜からレーザーを照射するため、肌表面に傷をつけることなく治療をすることができます。外科手術を行わなくても筋膜のゆるみを引き締め、目の下のクマ・たるみを解消できるため、ダウンタイムを気にして治療に踏み切れなかった方にもおすすめできる治療です。痛みや術後の腫れもほぼありません。

施術時間は30~40分、術中の痛み、腫れや内出血もほとんどありません。施術時には目の保護用の金属製コンタクトレンズを装着いただきます。ご自身のコンタクトレンズは、施術直後からお使いいただけます。

筋膜アイズリフト機器画像

青クマの治療

青クマの治療イメージ

目の下の皮膚はもともと薄いですが、肌老化によってさらに皮膚が薄くなると、毛細血管などが透けてしまいますので、皮膚自体に厚みを出す治療が効果的です。また血行不良が原因でもあるので、皮膚のハリを高めるとともに、皮膚代謝を高める施術がおすすめです。

真皮線維芽細胞療法

肌の老化によって薄くなってしまった皮膚に、培養したご自身の肌細胞を注入し、皮膚のハリを高め活性化させる再生医療を用いた治療法です。

ご自身の耳裏から米粒大の皮膚を採取し、細胞培養の専門施設で肌細胞(真皮線維芽細胞)を増殖させ、目の下の皮膚が薄くなってしまっている部分へ移植します。そうすることで、培養した元気な肌細胞が活発に働き、薄くなった皮膚にハリが戻り、クマを目立たなくしてくれます。

施術時間は30~60分程度、皮膚採取には麻酔を使用するため痛みはほぼなく、細胞の移植時には針を刺すチクッとした痛みがあります。腫れは1、2日程度、内出血は3~5日程度症状としてあらわれますがメイクで隠せる程度です。また、メイクは施術当日から可能です。

img2-dark-circles-12.jpg
筋膜アイズリフト

加齢などでゆるんだ筋膜や脂肪層に高い熱エネルギーを届け、コラーゲン産生を促し、老化した組織を再構築してくれるレーザー治療です。目の下の皮膚が引き締まり、ハリ・弾力をもたらし、症状を解消する治療法です。

筋膜アイズリフトは、美容の分野では世界で初めて粘膜照射を可能にした目元専用レーザーで、肌表面からではアプローチできなかった組織にレーザーを届けることが可能になりました。下まぶたの裏側の粘膜からレーザーを照射するため、肌表面に傷をつけることなく治療をすることができます。筋膜アイズリフトの原理は、加齢などでゆるんだ筋膜・脂肪層に、約60℃の高い熱エネルギーを届けます。筋膜や脂肪は、熱エネルギーを受けるとキュッと縮むため、目元がピンッと引き締まります。さらに熱を受けた組織内部では新しいコラーゲンが増産され、老化した組織が再構築されてます。その結果、目の下にハリ・弾力をもたらします。外科手術を行わなくても筋膜のゆるみを引き締め、目の下のクマ・たるみを解消できるため、ダウンタイムを気にして治療に踏み切れなかった方にもおすすめできる治療です。痛みや術後の腫れもほぼありません。

施術時間は30~40分、術中の痛み、腫れや内出血もほとんどありません。施術時には目の保護用の金属製コンタクトレンズを装着いただきます。ご自身のコンタクトレンズは、施術直後からお使いいただけます。

筋膜アイズリフト機器画像

目の下のクマ治療の改善ならお任せください

小﨑

小﨑理事長

あらゆる肌トラブルを解決するために、多様な医療機器を導入し、長年にわたりお客さまの美容をサポートしつづけます。

中

医師

美容外科による治療をはじめ、注入や機器をつかった治療法まで、トータル的な治療計画を提案。悩み解消に向けて結果にとことんこだわります。

小林

小林医師

皮膚科医として肌の悩みはもちろんのこと、美容外科で培った高く繊細な技術力で、さまざまな悩みを解消へと導きます。

朽木

朽木医師

皮膚科医として長年の実績と経験を持ち、的確なカウンセリング力と技術力で、一人ひとりの個性に適した治療を実践しています。