再生医療(顔)

Face-Regeneration

いつまでも若々しさを
維持するために

肌のハリや顔のたるみが気になる方に
根本治療でより若々しく

再生医療(顔) 再生医療(顔)

顔のエイジングケアでお悩みの方に

年齢を重ねるごとに現れる老化のサインに、
何をしたらいいか悩んでいませんか?

顔が以前より「老けた」と感じてしまう原因とは?

以前はなかった「たるみ」や「くぼみ」、「シワ」などのお悩みを気にしない方は少なく、多くの方が加齢に抗い若々しさを手に入れるために悩んでいます。

老けた印象の原因は、肌を構成する3大要素「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」を生成する「肌細胞(真皮線維芽細胞)」が減少し、肌の機能が低下すること。また若いときに顔のハリを保っていた脂肪が減少し、下にさがってくることで「たるみ」となり、以前より「老けた」という印象になってしまいます。
肌を構成する3大要素「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」を生成する「肌細胞(真皮線維芽細胞)」が減少し、肌の機能が低下
若いときに顔のハリを保っていた脂肪が減少し、下にさがってくることで「たるみ」となり、以前より「老けた」という印象になってしまいます。

数年前の若々しさを取り戻すために

数年前の肌を取り戻すためにのイメージ

加齢による老化を少しでも食い止め、数年前の若々しい顔を取り戻す方法に多くの人が魅了されます。さまざまなコスメや治療法が出回る中、“自分の細胞を使った”「再生医療」を利用した抗加齢治療が注目されています。

自身の脂肪由来幹細胞を採取し専門施設にて培養させ、顔に脂肪とともに注入し幹細胞を増やす『脂肪由来幹細胞培養注入』や、耳裏の皮膚から肌細胞を採取し、増殖・培養した自身の「肌細胞(真皮線維芽細胞)」を加齢で気になる部位に移植する治療法『真皮線維芽細胞療法』。

さらに自分の血液中に含まれる血小板を使って肌細胞の働きを活性化させる『PRP 皮膚再生療法』や自身の脂肪細胞を活用して自然なボリュームアップやハリ感を促す『肌再生高純度脂肪注入』があります。

「再生医療」の種類

「再生医療」の種類のイメージ

そもそも「再生医療」とは、自己細胞組織を補充することによって、病気やケガなどで失われた組織や臓器を再生させ、機能の回復を目指す医療のことをいいます。この「再生医療」を美容医療に活かし老化をはじめとするお悩みを改善へと導きます。
リスクに応じて、第一種、第二種、第三種の3つに分けられて、使用技術や治療内容が異なります。オザキクリニックでは、以下の第二種、第三種の再生医療を提供しています。

【再生医療第二種】

『脂肪由来幹細胞培養注入』
自身の脂肪と脂肪由来幹細胞を増やして注入する治療法

『真皮線維芽細胞療法』
肌細胞(真皮線維芽細胞)を増やす治療法

【再生医療第三種】

『PRP 皮膚再生療法』
成長因子で肌細胞の働きを活性化させる治療法 ※PRP とは、成長因子が多く含まれた多血小板血漿「PRP(Platelet Rich Plasma)」のこと

『肌再生高純度脂肪注入』
脂肪細胞を活用して減少した脂肪肌細胞を補充する治療法

エイジングケアでよくあるお悩み

  • ナチュラルに肌のハリ感や弾力アップしたい
  • 気になるたるみやくぼみを改善させたい
  • 安全性が高い再生医療でシワやたるみの根本治療をしたい
  • 肌老化の進行を遅らせ若々しい肌を保ちたい

オザキクリニックのこだわりポイント

悩みや不安を取り除きながら満足のいく仕上がりに

当院では、手術はもちろん、注入治療実績と技術を持つ医師が在籍しております。年を重ねるごとに増えていく「肌の衰え」「加齢の症状」の悩みに寄り添い、お客さまの希望を叶えるため効果的で誠実な施術を提供しています。

中医師:診察風景

厚生労働省認定 第二種、第三種再生医療機関

オザキクリニックは、第二種再生医療の提供計画書、第三種再生医療の提供計画書が厚生労働省に受理された第二種、第三種再生医療認定医療機関です。
厚生労働省の認可を受けた「認定再生医療等委員会」で厳しい審査を受け、受理されたクリニックだけが、第二種再生医療の医療を提供できます。

エイジングケアの悩み別治療法

自然に若々しさを取り戻す治療選びを

理想の肌や若々しい顔の印象を維持するために、お悩みに適した治療方法が異なります。無理なく治療を受けられるかどうかを確認し、自身に合いそうな施術がどれかぜひ検討してみてください。

幹細胞を培養し、顔のくぼみ・へこみを解消脂肪由来幹細胞培養注入(再生医療第二種)

自身の脂肪から幹細胞を抽出し、専門施設にて培養。顔のお悩み部分に脂肪と共に再注入する再生医療です。顔のへこみやくぼみが気になる部分に自身の脂肪から抽出・培養した幹細胞を注入することで、その場に生着しやすくなります。若々しい肌をより長く保ちたい、自身の細胞のみで治療を行いたい方におすすめ。

肌細胞を増やす根本的なエイジングケア真皮線維芽細胞療法(再生医療第二種)

肌のハリや弾力、うるおいを生み出す肌細胞(真皮線維芽細胞)を増殖・移植する再生医療で、加齢に伴う肌トラブルを根本から改善し、肌の内側から本来の美しさを取り戻せるよう導きます。

目の下のクマや目元の小ジワなどのエイジングケアにPRP 皮膚再生療法(再生医療第三種)

自身の血液中に含まれる血小板を使い自然治癒力を利用して老化した皮膚細胞を再生させます。コラーゲンやヒアルロン酸などの美肌成分の生成を促し美肌へと導くほか、目の下のクマ、目元の小ジワなどのデリケートな部位のエイジングケアにも適した治療です。

シワやくぼみを改善しハリのある滑らかな肌へ肌再生高純度脂肪注入(再生医療第三種)

自身の脂肪細胞を活用する『肌再生高純度脂肪注入』は、太ももや腹部から脂肪を取り出し、こけた頬や深いシワ、目の上のくぼみなどに注入する治療法。顔の「シワ」「たるみ」「くぼみ」などを改善へ導き若々しい自然なボリュームアップを叶えます。

細胞を活性させて数年前の美肌を取り戻す幹細胞培養上清液

『幹細胞培養上清液』は、体内に存在する幹細胞を培養し安全面に配慮した液体を皮下注入、もしくは点滴で体内に届けるエイジレス療法。さまざまな肌トラブルの改善効果が期待できるだけではなく、老化により衰えた肌をナチュラルに回復へと導き若々しい美肌を叶えます。

再生医療(顔)の改善ならお任せください

朽木

朽木医師

皮膚科医として長年の実績と経験を持ち、的確なカウンセリング力と技術力で、一人ひとりの個性に適した治療を実践しています。

小林

小林医師

皮膚科医として肌の悩みはもちろんのこと、美容外科で培った高く繊細な技術力で、さまざまな悩みを解消へと導きます。

小﨑

小﨑理事長

あらゆる肌トラブルを解決するために、多様な医療機器を導入し、長年にわたりお客さまの美容をサポートしつづけます。

中

医師

美容外科による治療をはじめ、注入や機器をつかった治療法まで、トータル的な治療計画を提案。悩み解消に向けて結果にとことんこだわります。