自身の幹細胞を培養して胸に注入
厚労省認定の再生医療豊胸術

脂肪幹細胞培養豊胸は、自身の脂肪幹細胞を採取し専門施設にて培養させ、胸に脂肪とともに注入する再生医療を用いた豊胸術です。通常の脂肪注入豊胸術と比べ、持続効果&生着率が大幅にUP。幹細胞の培養は自身の幹細胞と血清だけを用いて行うため、異物反応の心配もなし。しこりのリスクも軽減した理想的な豊胸術です。

こんな⽅におすすめですその特徴と5つのポイント

  • 自然なバストアップをしたい

  • 体内に異物を入れることに抵抗がある

  • 長期間効果を持続させたい

  • 再生医療を利用したい

  • 自己細胞のみで治療したい

脂肪幹細胞培養豊胸の特徴と効果

脂肪幹細胞培養豊胸とは?

脂肪幹細胞を使用した再生医療豊胸術

脂肪幹細胞培養豊胸とは、自身の脂肪幹細胞を採取し専門施設にて培養させ、胸に脂肪とともに注入する再生医療を用いた豊胸術です。

通常の脂肪注入では、注入した脂肪を体内で分解・吸収してしまう働き(生理機能反応)が起きてしまうため、時間の経過とともにどうしても元に戻ってしまったように感じる、生着しにくい(吸収され、残りにくい)という側面がありました。

脂肪注入の際に自身の脂肪幹細胞を培養させたものを混ぜることで、幹細胞自体が脂肪に変化したり、栄養と酸素を届ける血管を作る働きを促進。脂肪が吸収されにくい環境を作り出します。その生着率は70~80%とする論文も発表されており、近年特に注目を集めている再生医療豊胸術です。

脂肪幹細胞とは?

幹細胞とは、「多分化能(皮膚や赤血球、血小板など、身体の様々な部位に変身することができる能力)」と「自己複製能(自身とまったく同じ能力をもった細胞に分裂することができる能力)」を併せ持つ細胞のこと。

人は約60兆個の細胞からできていますが、そのさまざまな役割を持つ「細胞のもと」となるのが「幹細胞」です。「幹細胞」は身体のあらゆる組織に存在しますが、脂肪の中に含まれているものを「脂肪幹細胞」や「脂肪由来幹細胞」とも言います。

脂肪幹細胞培養豊胸のメリットとは

脂肪幹細胞培養豊胸には以下のようなメリットがあります。

  • 少量の脂肪でサイズアップ
  • 脂肪の生着率を飛躍的にアップ
  • しこりや石灰化のリスクが大幅に下がる
  • 危険な添加物なしで安心!自己細胞のみでバストアップ
  • 施術後の持続効果が高い、定着した脂肪は半永久的なものになる
  • 幹細胞は体内に入ると、脂肪や血管となり、本物のバストそのものとなるため、触り心地も自然な仕上がり

瘦せ型の体形で脂肪があまり採取できない方、脂肪豊胸がやってみたいけど安全性に不安を感じている方などに最適な安心安全な最先端の豊胸術です。

幹細胞を培養しない治療との違い

非培養タイプは幹細胞の量が少ない

幹細胞を培養させずに脂肪から抽出して、気になる部位に注入する治療法もあります。

こちらの方法では脂肪の吸引から注入まで、1日で治療を終えることができますが、幹細胞を抽出する脂肪と注入するための土台となる脂肪の両方を一度に吸引するため、多くの脂肪を採取する必要があります。当然、身体にかかる負担も大きいものとなります。また、体の中にある幹細胞を移動させるだけのため、幹細胞の量自体は増えません。

培養タイプは幹細胞の量が多い

脂肪幹細胞培養豊胸は、胸に注入する前に、培養用の脂肪を採取するために来院いただく必要があります。脂肪の採取から幹細胞の培養までは、6週間程度のお時間をいただいております。

ただし幹細胞を培養させてから注入をおこなうため、採取する脂肪は通常よりも少量で済みます。身体にかかる負担も少なく、痩せ型で多くの脂肪が吸引できないという方にもご利用いただける治療法です。また、培養した幹細胞をお顔など他の部位に注入したくなった場合に備えて、幹細胞を専門の施設に保管しておくこともできます。※幹細胞の培養量によって料金が異なります。

肝心の幹細胞の量ですが、培養すると、少量の脂肪を1000倍にして1~2億個の幹細胞の注入を可能にします。

同じ培養タイプの豊胸術にセルチャー豊胸と呼ばれるものもありますが、オザキクリニックの脂肪幹細胞培養豊胸は、セルチャー豊胸の約20倍の量の幹細胞を注入することが可能です。

幹細胞が多いほど脂肪の定着率がアップする

脂肪豊胸には「非培養タイプ=幹細胞が少ない」「培養タイプ=幹細胞が多い」ということをご説明しましたが、幹細胞の数によって何が変わるのかという部分が皆様の知りたいところかと思います。

脂肪移植については数々の論文が出ておりますが、脂肪の定着率を上げるには幹細胞の数の多さがカギとなる、ということが示されております。

つまり、幹細胞が少ないと脂肪は定着しずらくなり、施術を受けてもすぐにバストの大きさが元に戻ってしまうことがあります。また、定着しなかった死活した脂肪細胞が多いほどしこりのリスクも上がります。反対に、幹細胞が多ければ脂肪は定着し、施術後のバストサイズも半永久的に維持される可能性が高くなります。死活する脂肪細胞も減少するため、しこり化のリスクも極めて少ないものになります。

オザキクリニックは第二種再生医療等提供計画番号を取得しています

再生医療は、どこのクリニックでも取り扱える治療ではありません。オザキクリニックは、厚生労働省が認めた特定認定再生医療等委員会による厳しい審査を通過し、幹細胞を用いた美容に関する治療を提供できる医療機関です。自己の脂肪から増殖・培養させた自身の幹細胞を気になる部位に注入治療法「自家培養脂肪幹細胞を用いた脂肪組織再生術」の再生医療を提供しています。

個々に似合う注入デザインをオーダーメイドで実現

開院20年以上で積み重ねたスキルと経験、症例から得た巧みなドクターの手業によって、一人一人に似合うデザインを提案します。

全体的にボリュームを出す

現在の胸がそのままサイズアップしたようなデザイン。全体的にボリュームを出したい方、サイズアップしたい方におすすめです。

気になる部分だけに注入

授乳後や加齢によりバストにシワができた部分やハリのなくなった箇所にポイントで注入。若々しく美しい形へ。

バストの左右差を改善

バストの左右差が気になる場合は、小さいサイズの方に多く注入し、丁寧にバランスを調整いたします。

やせたデコルテをボリュームアップ

バストの上部に注入してハリのある若々しいデコルテへ。

離れ胸を改善・谷間を作成

乳頭が外側に向かないようバランスを見ながら内側に多く注入して、美しい谷間を作成します。

バストのたるみを治療・予防

下部に多く注入すれば、バストのたるみを改善・補強することができます。将来のたるみ予防にもおすすめです。

こちらもおすすめ

ハイブリッド豊胸

ハイブリッド豊胸(バッグ豊胸+脂肪注入)に、脂肪幹細胞を組み合わせることも可能です。豊胸バッグを挿入したあとに、培養した幹細胞を自身の脂肪に混ぜ合わせたものを注入をします。従来のハイブリッド豊胸よりも生着率が高まりますので、より自然なバストアップを長期的に保ちます。バストによりボリュームがほしい、痩せ型である、豊胸バッグの境界線が気になる、より自然に脂肪を定着させたい方におすすめ。

『脂肪幹細胞培養豊胸』の失敗例・副作用・リスク

『脂肪幹細胞培養豊胸』によって生じる可能性がある失敗例・副作用・リスクは以下の通りです。

『脂肪幹細胞培養豊胸』によって生じる可能性がある失敗例・副作用・リスクは以下の通りです。

しこり・石灰化(極めて少ない)
しこり・石灰化のリスクは通常の脂肪注入と同様にゼロではありません。ただし、しこりや石灰化は脂肪に酸素や栄養が届かず、脂肪細胞が壊死してしまうことによって起こる副作用です。脂肪幹細胞培養豊胸の場合、幹細胞が脂肪細胞そのものになったり、脂肪細胞に栄養を届けるための血管に変化するため、しこり石灰化のリスクは大幅に軽減されています。

極稀に左右差が起こる場合がある
生着する脂肪量により、バストに左右差が発生する場合があります。目に見えて気になるケースはごくまれであるといえますが、気になる場合には再度注入を行うことで軽減させることができます。

価格表

施術を行っている院

  • 新宿院
  • 目黒祐天寺院
  • 羽村院

脂肪幹細胞培養豊胸

脂肪幹細胞培養豊胸 (ピュアグラフト付き)
1億個
モニター限定 1,500,000円(税込 1,650,000円)
1億個
2,500,000円(税込 2,750,000円)
2億個
モニター限定 2,000,000円(税込 2,200,000円)
2億個
3,100,000円(税込 3,410,000円)
ハイブリッド豊胸 (脂肪幹細胞培養豊胸+Motivaエルゴノミックス2)
1億個
モニター限定 1,800,000円(税込 1,980,000円)
1億個
3,360,000円(税込 3,696,000円)
2億個
モニター限定 2,300,000円(税込 2,530,000円)
2億個
4,000,000円(税込 4,400,000円)
施術特典
オプションメニューを無料でお付けいたします。(モニターも含む) ※ドクター診断によって、別途処置費用がかかる場合がございます。
ピュアグラフト代
サポーター代
  • 幹細胞の培養量によって、料金が異なります。
  • 別途術前血液検査代、全身麻酔代、術前採血代、薬代がかかります。麻酔代について詳しくはこちら
  • 既往歴によっては、そのほか検査が必要となり別途費用がかかる場合がございます。
  • モニター適応の可否はカウンセリング診察にご来院いただいてから判断させていただきます。モニター条件に関する詳細はクリニックまでお問い合わせください。

  • <未承認医薬品等>
    治療には、国内未承認医薬品または医療機器を用いた施術が含まれます。
  • <入手経路等>
    治療に用いる医薬品および機器は当院の医師の判断の元、個人輸入手続きをおこなったものです。
    個人輸入された医薬品等の使用によるリスクに関する情報は下記をご覧ください。
    https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/index.html
  • <国内の承認機器の有無>
    同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等はありません。

症例写真・施術動画

施術の流れ

ドクター診察、カウンセリング

施術前には、担当する医師が気になる症状や体の状態についてお伺いします。 『脂肪幹細胞培養豊胸』は大きな施術なので、施術が行える体調かなどしっかり診察させていただきます。 考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明しますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。

ドクター診察、カウンセリング

事前検査(採血)

血液を採取させていただきます。検査結果で可能と判断された方のみが治療を受けられます。

事前検査(採血)

脂肪、血液採取

細胞を培養するための脂肪と血液を採取します。脂肪の採取時には麻酔を使用するため、痛みの心配はございません。

脂肪、血液採取

細胞培養

細胞培養は、当クリニックが委託している特定細胞加工物製造事業者の管理施設であるCPC(細胞培養センター)で行います。採取した皮膚から肌細胞を抽出し、約1,000倍に増殖培養します。

細胞培養

脂肪吸引・注入

培養が完了した約6週間後、胸に注入するための脂肪吸引を行います。吸引した脂肪と培養した幹細胞を混ぜ合わせ、胸に注入します。

脂肪吸引・注入

リカバリー室で休養、帰宅

施術後は、麻酔が覚めるまでリカバリー室でお休みいただきます。お帰りになるまで看護師が付き添い、術後の注意事項などの説明をいたします。施術担当医の確認が取れたら、着替えをしてお帰りいただけます。

リカバリー室で休養、帰宅

【施術から7日後】抜糸

再度体調の確認と抜糸のためご来院いただきます。体調に問題がなく、抜糸ができたら施術は終了です。

【施術翌日~7日】 ※胸を圧迫しない下着(スポーツブラなど)を着用してください。

【施術から7日後】抜糸

【施術前の注意事項】

  • 妊娠・授乳中の方は一切施術ができませんので、あらかじめご了承ください。
  • 施術予定日の前日から飲食制限があります。詳細はスタッフにお尋ねください。

【施術当日の注意事項】

  • 施術当日は、安全性を考慮して、自転車・自動車の運転は控えてください。お帰りの際は、タクシーまたは電車などをご利用ください。
  • 当日の服装はなるべく色の濃いもの、上下ともに全体的にゆとりのあるものでお越しください。
  • 施術後はむくみやすい状態なので、きつい靴やハイヒールの着用は避けてください。

【施術後の注意事項】

  • 施術後の感染防止、抗炎症のため、抗生剤などの内服薬をお出ししますので、必ず服用してください。
  • 内服中の飲酒は控えてください。
  • 脂肪吸引部のサポーターによる固定は1ヶ月ほど継続してくただくことをおすすめしています。
  • ノンワイヤーの下着は施術翌日から着用可能です。ワイヤー入りの下着は3ヶ月後から着用可能となります。
  • 腫れや炎症を強めるおそれがありますので、激しい運動や強いマッサージはしばらく控えてください。
  • 脂肪吸引部は施術後2週間ほどすると皮膚が突っ張った感じがしますが、傷が治る過程で起こるものなのでご安心ください。軽くマッサージすることで痛みが和らぎます。

よくある質問

脂肪幹細胞培養豊胸は他の豊胸術に比べてしこりが出来るリスクはありますか?

40代・女性 [お悩み: 豊胸・ボディ形成 施術名: 脂肪幹細胞培養豊胸]

脂肪幹細胞培養豊胸は他の豊胸術に比べてしこりが出来るリスクは減少します。
脂肪幹細胞培養豊胸は他の豊胸術に比べて発がん性リスクはありますか?

30代・女性 [お悩み: 豊胸・ボディ形成 施術名: 脂肪幹細胞培養豊胸]

脂肪幹細胞培養豊胸は他の豊胸術に比べて発がん性リスクが上がることはありません。
脂肪幹細胞培養豊胸は最短でどれぐらいで施術可能ですか?

20代・女性 [お悩み: 豊胸・ボディ形成 施術名: 脂肪幹細胞培養豊胸]

約6週間以上となります。